M3 20周年ということで、一番初めにそこでお世話になった頃の自分とちょっと対話でもしてみようかしら?

そんな気持ちになったので、いろいろな節目という力をかりてそっと創ってみました。

拙くて今聞いてもとんでもないもの、今聞いても「いいなぁ」と思うもの、音楽はただそこにありました。

作りきれなかった、伝えきれなかった、そういうものを

​今だから消化してみようと、そういう自分のための本です。

ああ、そんなものもあったなぁ、そんなふうにお手にとっていただけたら幸いです。

​一緒に「節目」お楽しみ頂けましたら幸いです。

​※本作にCDはつきませんが、お聴きになりたいものが有りましたらお知らせください。

This book is an informal book.

Unauthorized copying, reproduction and modification of the contents